FC2ブログ
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yuki☆tomo

Author:yuki☆tomo
日本の片隅でひっそりと신화愛を囁く。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

来客数カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

悪戯な手 - Chungdong -

2015.10.19 19:00|創作 ‐ Chungdong ‐
9年ぶりの日本ファンミーティングが終わった日の夜、ホテルの部屋へ戻るなり

「ちょっとドワニヒョン!あれっ!何!?」
「ぅん?何が??」
「“何が?”じゃないよっ!何であんなトコにポストイット貼り付けるの!?」

耳まで赤くして怒る年下の恋人の、ステージ上の姿を思い出して噴き出した。

「何笑ってんのさ!?」
「いやいやいや、だってお前…ブフッ!」
「もう!!誰の所為だと思ってんの!?」

昼の部のゲームコーナー、貼り付けた付箋を手を使わずに剥がすというゲームをした時、俺がジンの股間に貼った一枚が取れず、俺がジンの尻を叩く姿が随分とファンにウケた。

怒りよりも羞恥で赤くなっているジンが、ステージ上で焦る姿と重なる。

「俺スッゲエ恥ずかしかったんだからね!」
「ちゃんと剥がれたんだし良いじゃん」
「良くないっ!!!」

不意に真面目な顔つきになったかと思うと、ベッドの端に座る俺の上に圧し掛かってきて

「こんな悪さする手にはお仕置きしなくちゃね…」
「ジ、ジン…?」
「今日はヤダっつっても聞かないからね…ドワナ」

耳元で囁かれて眩暈を覚える
舌先で歯列をなぞるキスに全身が痺れる
抵抗できなくなって、お仕置きという名の甘い快感に酔い痴れた…

スポンサーサイト



ソロ活動 ‐ Chungdong ‐

2015.10.29 19:00|創作 ‐ Chungdong ‐
俺の一連の歌番組への出演が終わった日の夜
ドワニヒョンが酒瓶片手に部屋に来た。

「お疲れ、ジン」
「ありがとう、ヒョン」

互いに、酒の入ったグラスを交わす。

「まあ、まだコンサートがあるけどね」
「独りっきりでのコンサートなんて久しぶりだろ?前にやった中国のイベントは、ミヌやヘソンが一緒だったし」
「うん…そうだね。ここんとこ、グループ以外での活動でも、誰かしらメンバーが一緒だったから…」
「何だ?寂しいのか?」
「全然!…って言ったら嘘になるかな。でも寂しいなんて言ってられないしね」
「ふ~ん…」
「ドワニヒョンだって直ぐに分かるよ。次はヒョンの番でしょ?」
「今回の俺のソロは、バンドメンバーが居るから別に寂しくないぞ?もともと単独行動なんてしょっちゅうだし」
「…ヒョンは俺が傍に居なくても、平気なの?」

ドワニヒョンの言葉に、少し唇を尖らせる。
ヒョンが柔らかく笑いながら俺を見る。

「ソウル公演はエリックが来るんだろ?」
「そうだけど…」
「…同じだよ。ジンが傍に居なくても大丈夫なように、今ココに来てるんだから」
「…我慢できなくなったら、ちゃんと呼んでよ…?」
「ああ…その時は飛んで来いよ?」

顔を寄せ合い、もう一度グラスを合わせた…

Song - Chungdong -

2015.11.02 19:00|創作 ‐ Chungdong ‐
泣かないでひとりで ほほえんでみつめて
あなたのそばにいるから
悲しみにさよなら ほほえんでさよなら…


ジンがソウルで開催したソロコンサートで、日本語の歌を披露したと聞き
どんな歌だったのかとネットで検索をして、言葉を失った。

アイツの中の孤独を完全に拭い去ることなど
誰にもできないのだと宣告されたようで
ジンの心の傷の深さを今更ながら思い知る。

裏方に徹しつつ、時に分かりやすく愛情を表現するエリックですら
ジンを癒せないでいるのなら、俺に何ができるだろうか…

ネット検索中に、ふと見つけた日本語の歌
少しでもアイツの孤独を埋めてやれたならと
ギターとスマホを手に取る。


君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には
心の底から誰かを 愛することができるはず
孤独で君のからっぽの そのグラスを満たさないで…


※1『悲しみにさよなら』/ 安全地帯
※2『悲しみは雪のように』/ 浜田省吾

ズルい人 - Chungdong -

2016.01.29 19:00|創作 ‐ Chungdong ‐
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Mr. Jのある一日 ③ - Chungdong -

2016.04.07 19:00|創作 ‐ Chungdong ‐
「うぃ~っす。何だ早いな、お前ら」
「おはよう、ドワニヒョン。うん、振り付けやってたからね~」
「そっか、お疲れ。それでミヌはあそこで倒れてんのか」

続きを読む >>

Who are you? - Chungdong -

2016.04.24 19:00|創作 ‐ Chungdong ‐
「誰だ?お前」
「…へっ…?」

続きを読む >>

Who am I? - Chungdong -

2016.04.25 19:00|創作 ‐ Chungdong ‐
「……で、お前は俺のナニ?」

目の前の端正な顔立ちに、翳りが見て取れる。

続きを読む >>