FC2ブログ
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

yuki☆tomo

Author:yuki☆tomo
日本の片隅でひっそりと신화愛を囁く。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

来客数カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

後発の焦り - Wanjinsyung -

2015.06.01 19:00|トライアングル series
ここ数日、ドンワンのジニに対する態度が、以前とは変わった事に気付く。
なんと言うか…今までも優しかったし仲間・弟に対する愛情みたいなモノはあった。けれど、それとは違う“愛情”が感じられる…気がする。
先日、帰りに2人で飲みに行ったのは知っている。その時…何かあったのか…?

“ 俺、自信あるよ ”
“ 好きになっちゃったら仕方ないよね ”

あの日以来、ジニの台詞が頭にこびり付いて離れない。
ジニはドンワンに何を言った?
ドンワンはジニに何と応えた?

…ずっと、ドンワンが好きだった。
いつ頃から好きなのか覚えてないくらいに。
彼奴の声が聞こえない日が寂しくて、
彼奴の笑顔を見られるのならどんな苦労も苦労とは思えないほどに。

でも、ドンワンに
「俺のコト好き?愛してる?」
と聞かれるたびに、笑って躱してきた。
認めたくなかった。
ドンワン無しでは何もできない自分を…

“ ヒョンこそその気が無いなら思わせ振りな態度止めなよ ”

ジニは気付いてた…俺の弱さに。
俺が目を逸らし続けてきた自身の想いを、
真正面から指摘してきやがった…
もう…逃げられない。
もう、逃げない。

「ドンワン、ちょっと良いか?」
空いた時間に、ビルの屋上へと誘い出す。
「どうした?ヘソン」
俺に対しては、いつもと変わらない声
いつもと変わらない、メンバーに向ける笑顔

俺だけに見せる表情を見てみたい…
俺だけが聞ける声が聞きたい…

「お前はもしかしたら、もう感づいているかもしれないけど…俺は…ドンワンが好きだ。ずっと、好きだった…。今さらだけど、その…そういう存在としての俺を、考えて欲しい…」

一気に想いを伝えた後、ドンワンの顔もまともに見ずに、ドンワンを残したままその場を離れた。

今は何を言われても慰めにしか受け取れなさそうで…
ジニの言う通り、どっちを選ぶかはドンワンの自由だ
もし、ドンワンがジニを選ぶのなら、俺は2人を祝福したい…直ぐには無理でも……

少し強く唇を噛み締めながら、階段を降りていった。
スポンサーサイト



選択 - Wanjinsyung -

2015.06.02 19:00|トライアングル series
ジニに「好きだ」と告げられた5日後、ヘソンに告白された。

ヘソンの気持ちには、何となくだけど気付いていた…
でも、気付かないフリをしていた。気付かないフリをしながら、いつも…試していた。ヘソンの本心を、俺への気持ちを。本気なのか、冗談なのか…

そんな中でのジニからの告白は驚いた。
正直、冗談かと思った。でも、ジニの目も声もそれを冗談だと笑うには、あまりにひた向きで、怖いくらいに真っ直ぐだった…

ジニに告白されて、真っ先に思い浮かべたのは…ヘソンの顔だった。
ヘソンに告白されて、ジニの顔を思い浮かべることはなかった。
その時点で、俺の答えは出ていたのだろう。
でも、その答えを選択する事は…俺にはできない……

俺の言動は、きっとヘソンを傷つける。
思いつくままに、海外にだって行ってしまうような俺では、寂しがり屋のヘソンを悲しませるだけだろう。傷つけ悲しませると分かっていて、彼奴の隣に居る勇気が、俺には無い…

そしてもう一つの理由

ジニを放ってはおけなかった…
ジニの中にある孤独と闇を知ってから、今までも気遣うようにはしていたけれど、告白されてから更に注意深く見るようになって、気付いたのはその深さだった。傷つく事を恐れ、独りで居る事に怯えるジニ。彼奴を癒してやりたい、ジニの心からの笑顔を見たい。俺はジニを捨てられない…

今夜、2人に伝えよう
俺の決めた “ 選択 ” を
こんな俺を2人は赦してくれるだろうか…?

あなたの隣で - Ricdy -

2015.06.03 19:00|創作 ‐ Ricdy ‐
「エリックヒョン、お疲れさま」
「ん…?あぁ…」
「大変…だったんでしょ?色々と…」
「まぁな…」
「今日はゆっくり休んで…僕も帰るから」
「いや…エンディ、今日は一緒に居てくれないか…?せめて俺が眠るまでは…」

いつも直ぐに甘えてきて、僕やメンバーの反応なんてお構いなしにお触りもハグもしてくるこのリーダーヒョンの、こういう素直な甘え方は珍しい。それだけ大変だったのだろう。僕たちの名前を取り戻すという事は…。時間も、労力も、そしてきっと金銭面でも…

デビューして10数年、僕たちSHINHWAの名前は揺らがないと思っていた。名乗れなくなるかもしれないなんて、思ってもみなかった。名前が全てではないかもしれない。でも、SHINHWAの名前と共に、時に走り、時に休み、歩み続けてきた今までを、僕たちSHINHWAを応援してくれるファンを、否定される様な気がしない訳じゃなかった…。

SHINHWAの名前を守る為に、SHINHWAを、そしてファンを守る為に、必死に手を尽くしたであろうリーダーの、少し窶れて見える頬にそっと触れてみる。

「ん…エンディ…ぎゅって、して…?」
「良いよ…。おやすみ、エリックヒョン…」

僕の胸に口付けるみたいに顔を寄せてきたエリックヒョンを、そっと抱き締めながらその額にキスをする。
感謝と愛情と、そして安らぎを感じて欲しくて…

ずっと傍に居てね、エリックヒョン
僕もずっと傍に居るから…
ずっと僕を見ていてね、エリックヒョン
僕もあなたを見ているから…
ヒョンの隣で、笑顔のヒョンを見て、
僕もヒョンに笑いかけていたいから…

眠るエリックヒョンを抱き締める腕に少し力を込めながら、僕も瞼を閉じた…。

1ヶ月〜!\(^o^)/♬

2015.06.03 20:09|未分類
当ブログを開始してから、丸1ヶ月が経ちました!
長かったような短かったような…て、「たった1ヶ月程度で何を言うか!」なんでしょうが、元来、熱しやすく冷めやすい身としては、いつまで続くのかがけっこう不安でした。だから多分、2ヶ月後・半年後・1年後も同じ様なコト言ってると思います(笑)

私なんぞの作品を読んでくださる皆さま、
剰え、拍手ボタンを押してくださる方々、
本当にありがとうございます。
今後とも精進しますので、長ーく緩〜い目で見て頂ければ幸いに存じます m(_ _)m

親子鳥「恋の鞘当て」大作戦

2015.06.03 20:16|未分類
我ながら言い方(笑)

ちなみに、昨日で一旦終わりとなります。
「何じゃこりゃあ!?」と思われた方もいらっしゃるかと(殆どかな?)と思いますが、私の中では大ドンデン返し〜!なラストとなりました。だって…考えてる間中この2枚がさぁ、頭から消えなくってさぁ。

201603011428512af.jpeg
201506032018065f4.jpg

でも、また続き書いちゃうかも…。

終わりの始まり - Ricmin -

2015.06.04 19:00|創作 ‐ Ricmin ‐
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

始まりの終わり - Ricmin -

2015.06.05 19:00|創作 ‐ Ricmin ‐
「ミヌ…今日で終わりにしよう……」

耳に届いた少し掠れたような声に、思わす目を閉じた。

いつかは告げられると思っていた言葉
できれば聞きたくないと願っていた言葉

言わせたのは俺なのに…

エリックと寝るようになって、もう何年経ったのか
あの頃の俺はジニに片思いだった。
ずっと好きで、でも想いを告げられず、その寂しさから逃げ出したくて
エリックに求められて応えた。

それは、ジニと付き合えるようになってからも続いて
俺の心はジニのものなのに
俺の全てはジニのものなのに
エリックを拒めなかった…

怖かったんだ…エリックを失うことが…

エリックの腕に抱かれながら、ジニの腕の感触を思い出す
エリックの逸る呼吸を聞きながら、ジニの息遣いを思い出す

エリックと肌を重ねている間、俺はエリックの名前を呼んだことが無い
そのことに、エリックもきっと気付いている
何度も俺の名前を呼ぶ男を、俺は抱き寄せるしかできなかった…

これが愛情なのか分からない…ただ失いたくなかった…



シャワーを浴びて身支度を整えたエリックが、まだベッドに臥したままの俺に静かに告げる。

「もう…この部屋には来ないからさ、安心しろよ…」

俺たちが初めて抱き合った部屋
俺たちの関係が始まった部屋

エリックの気配が消えた部屋で
エリックの香りと温もりが残るシーツに包まりながら
声を殺して泣いた……