FC2ブログ
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

yuki☆tomo

Author:yuki☆tomo
日本の片隅でひっそりと신화愛を囁く。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

来客数カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

白昼夢 ‐ Ansyung ‐

2015.09.01 19:00|創作 ‐ Syungdy , Ansyung ‐
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
スポンサーサイト



ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2015.09.01 20:00|未分類
先刻19:54頃に見てみたら、総拍手数が899でした!!よっぽど、自分で拍手ボタンをポチッてしまおうかと思いましたが(やめなさい) 訪問者数も、カウンターが正常稼動であれば1000人を超えました!!

これも、応援・拍手・コメント下さる皆様のお蔭と、心より御礼申し上げます m(_ _)m

すみません…m(_ _)m

2015.09.02 19:00|未分類
昨日・今日と、ちょっとドタバタでして、本日の作品アップはお休みさせていただきたいと思います。
明日は、サイト解説まるっと4ヶ月なので、必ずや更新する心構えでおりますので、今日のところは何卒お見逃しくださりませ…m(_ _)m

ふたりとひとり ‐ Ricminjin ‐

2015.09.03 19:00|トライアングル series
「ミヌ。今夜、空いてる?」

喫煙室の椅子に座って一服していると、隣から聞こえてきた声

「この後、時間取れないか?」
「あ…今日は…ちょっと……」

言い淀むのに、視線がこちらへ向けられるのが分かる。
でも…俺の方から、視線を合わせられない…

「ミヌ?」

大きな掌が耳の黒子に触れるのに…熱い
胸が、心臓が鷲掴みにされたようで…苦しい

「ダメだよ~、エリヒョン。ミヌヒョンは今日、俺と約束してるんだから~♪」

態とらしい位に弾んだ声と共に、後ろから抱き締めてくる長い腕

「だからエリヒョンは次の機会にしてね」
「そっか…そりゃ残念だ」

俺から視線を外し、紫煙を燻らして微笑う…
まだ長い煙草を揉み消して、エリックが立ち上がり離れる。

「悪い…」

瞬間、俺を包み込む腕に力が込められる。
胸がドキドキと早鐘を打ち出して…逸る


「ミヌヒョン…エリヒョンの方が良かったって、思ってる?」
「パボ…何言ってんだよ……」
「ごめんね。でも、今日は俺の方が先に約束したんだから…」
「…ちゃんと、断ったろ?」

俺が、エリックともジナとも関係を持っている事を、2人も知っている。

エリックが俺に触れているとき
ジナが俺を抱き締めているとき
もう1人は独りだと知っている

ズルいって、分かってる。卑怯だと、知っている。
それでも…あの大きな掌も、この長い腕も、俺には必要なんだ…
俺は独りじゃダメだから、俺には2人が必要だから、

2人がいるから、俺が俺でいられるんだ…

2人の恋人 - Kyowoodong -

2015.09.04 21:00|トライアングル series
事務所のドアを開けようとして、中から聞こえてきたのは…

「ドンワンはヘソンのどこが好きなんだ?」
「ん〜、真面目で一生懸命で…でもオッチョコチョイでちょっとドジなとこかな」
「…言い切ったな」
「ミヌは?ヘソンのどこが好きなんだ?」
「スタイルも良いし綺麗なのに格好良くて…でも一番はあの歌声だな、やっぱ!」

話題の主である俺を抜きにした会話の内容に、ちょっと焦った。

俺はミヌともドンワンとも寝る
ミヌもドンワンもその事を承知している

先に抱いたのはドンワンの方だった
ドンワンを見ていると、何だか放っておけないというか…堪らなく抱き締めたくなる
あの黒い双眸は、まるで底なし沼のようで…見つめられると抜け出せなくなる
抜け出せなくて、手放せなくて、抱き締めてキスをする……

ミヌの場合は向こうが積極的だった
俺とドンワンの関係に気付いていながら、ただ「抱いてほしい」と言ったミヌ
直向きで真っ直ぐなあの視線に晒されて、拒絶することなんてできなかった
ミヌの熱に絡め囚われて、その熱を抱き締める快感に、酔い痴れた…


「ドンワンは…ヘソンと別れる気は…無いのか?」
「無いよ」
「即答かよ」
「ミヌだって…そうだろ?」
「ああ…無いよ。ドンワンには負けたくないしな」
「俺もだ。ミヌには負けない。ステージのセンターは譲っても、ヘソンは譲らないからな」
「言ったなぁ。センターもヘソンも絶対に俺だけのモノにしてやる!」

笑いが交じった会話に、こちらも微笑いが滲む。

「なあ、賭けないか?今日、俺とドンワンのどちらの誘いにヘソンが乗るか」
「良いけど…何を賭けるんだ?」
「そうだな…とりあえず…」

このまま黙って聞いている事もできずで…

「あのなぁ…そういう賭けはヤメろよ」
「「ヘソン!!」」
「そんな賭けをされたって、俺が2人共の誘いを受けたらどうするんだよ」
「普通はどちらかを選ぶモンだろ?」
「俺は選べないからなぁ」
「うわっ!ヘソンってそういうのOKなの?」

本気か演技か、驚く2人の肩を両腕でグイッと抱き寄せながら

「ドンワンとミヌが良ければ、いつでも…」

祝!4ヶ月!!o(≧▽≦)o

2015.09.04 23:00|未分類
当サイトを開設してから昨日でまるっと4ヶ月が経ちました!
来訪者数1000人超、総拍手数900超、これら全ては訪れてくださる皆さま、拙い作品に拍手を下さる皆さまの応援あっての事と、深く御礼申し上げます m(_ _)m

ささやか?ではございますが、4ヶ月記念という事で、昨日から【トライアングル特集】を開催しております(笑)
どこまで続けられるかは不明ですが、楽しんでいただけたら、と思います。ご希望の三角関係がござましたら、是非お申し出くださ〜い!

次は、目指せ999(スリーナイン)!
行くぞ!!ガンダーラ♪(古)

あ…。

2015.09.05 18:55|未分類
今日の作品は、ちょっと長くなったので、今日・明日の前後編とさせていただきます。 m(_ _)m